CSR

かながわSDGs

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
外務省ホームページ JAPAN SDGs Action Platformより引用

SDGsに関連する神奈川支社の取り組み事例

南関東日野自動車 神奈川支社では、持続可能な社会の実現に向けた活動を積極的に取り組んでいます。

外国人技能実習生の受入

2017年7月より開発途上地域等の発展を目的として、フィリピンから技能実習生を受入
(累計44名/2021年2月現在)

多岐にわたる地域貢献

〇年に2回の献血活動の実施
〇自動車専門学校へのトラックの寄贈・講習会の実施

社員の健康増進を目指した健康経営取り組み

○健康経営優良法人(大規模部門)に認定
○婦人科検診・人間ドッグの補助金制度

環境にやさしいトラック・バスの販売を通じた安心・安全の提供

○環境にやさしいハイブリッドトラック・バスを販売
○PCS・前進誤発進抑制機能の体験試乗会の開催
○汚水水質管理を徹底実施